オーストラリア陸軍の裁判により、金属装甲車両部品を3D印刷し、現場で認定できることが証明されました

11月1日、2021年

オーストラリア陸軍は、オーストラリア陸軍と海上回転軍–ダーウィンとの間で毎年行われる二国間軍事演習であるエクササイズクーレンドン中に、現場で装甲車両部品を3Dプリントして交換できることを証明しました。 M113装甲兵員輸送車のさまざまな部品は、オーストラリアの会社SPEE3Dによって開発された技術を使用して、現場で製造された金属部品に置き換えられました。部品が特定され、3D印刷され、認定された後、車両に取り付けられました。 

オーストラリア陸軍は、SPEE3Dの受賞歴のある金属3D印刷技術を使用して、金属製造能力を急速に発展させています。同社のWarpSPEE3DTactical Printerは、特許取得済みのコールドスプレー技術を使用しており、他のどのプロセスよりも大幅に高速で費用効果の高い金属部品の製造を可能にします。毎分100グラムの記録的な速度で最大40キログラムの大きな金属部品を印刷できます。

SPEE3Dは、オーストラリア陸軍およびオーストラリア海軍と緊密に協力して、この機能をオーストラリア国防軍に提供し、兵舎とフィールドの両方で金属3D印刷を機能として展開する可能性をテストするように設計された世界初のフィールドトライアルを実施しました。 2020年の多くのフィールドトライアルでは、印刷可能な部品の50を超えるケーススタディが行われ、SPEE3DのWarpSPEE3Dプリンタは、オーストラリアの遠隔地の低地で動作するのに十分な堅牢性を備えていることが実証されました。プログラムは2021年に拡張され、初期の結果を検証しました。

 2021年、SPEE3Dは、設計、印刷、機械加工、熱処理から認証に至るまで、金属3D印刷部品の製造を専門とする、オーストラリア陸軍初の軍用積層造形セル(AMC)技術者のトレーニングを支援してきました。ノーザンテリトリーのブラッドショートレーニングエリアの人里離れた低木地帯で、AMCとSPEE3Dは最近、これまでで最も過酷な試験の一環としてWarpSPEE3Dタクティカルプリンターをテストしました。プリンタは、1200 kmを超える往復で、起伏の多い地形を移動し、暑くてほこりっぽい状態で3週間動作しました。

試験中、AMCは、オーストラリア陸軍が40年以上使用してきたM113装甲兵員輸送車の12種類以上の交換部品を製造しました。金属3D印刷を証明することを目的としたこの試験では、現場での使用を検証および認定できる高品質の軍用グレードの部品を製造できます。製造された部品の1つは、M113ホイールベアリングカバーでした。これは、低木地帯を走行するときに木によって損傷を受けることが多い部品です。 2キログラムのホイールベアリングカバーは、$100米ドルの印刷コストでわずか29分で印刷されました。チームは、現場で部品を3D印刷、熱処理、機械加工、テスト、検証し、一部の部品を再設計して強化し、将来の損傷のリスクを軽減することができました。

SPEE3DのCEOであるByronKennedyは、次のようにコメントしています。 2020年に実施されたフィールド試験では、SPEE3Dテクノロジーが展開可能であることが証明されました。今年のトライアル延長は、より大きく、より長く、より遠隔地にあり、これまでのところ世界で最もタフで最長の金属3Dプリントトライアルとなっています。」

この試験の成功は、積層造形が将来の防衛準備において重要な役割を果たすことができることを示しています。 AMCは、代替ソリューションとして金属3D印刷を使用して修復できるコンポーネントをさらに検討し、現場で部品を準備します。

フィールドに印刷されたM113ホイールベアリングカバーのケーススタディビデオ。 SPEE3Dのケーススタディをもっとチェックしてください.