最初のLightSPEE3Dプリンターがヨーロッパに到着しました

2017年11月28日

ドイツのフランクフルトで開催されたFormnext2017でLightSPEE3Dの発売が大成功を収めた後、プリンターはハーナウにある地元の高等専門学校、Ludwig-Geissler-Schule(LGS)に設置されました。プリンターの設置は、学校長のカート・ヘルゲット博士とハナウ市長のアクセル・ワイス・ティエル氏に非常に高く評価されました。この動きは、SPEE3Dのヨーロッパのセールスマネージャーであるトールステン・ストローによってサポートされました。

ドイツのハーナウにあるLGSでのこの設置により、ヨーロッパでのSPEE3Dの扉が開かれ、多くの潜在的な顧客にLightSPEE3Dプリンターを訪れ、見て、テストするオプションを提供できるようになりました。このテストにより、顧客は印刷プロセスの継続的な検証のために自分の部品を印刷し、プリンターが提供するオプションをよりよく理解する機会が得られます。 SPEE3Dテクノロジーは、プロトタイピングや少量のパーツの実行に限定されません。また、10.000 pcs / aまでの部品の実行も経済的です。

「SPEE3Dは、LGSの現場にプリンターが設置された非常に興味深い年を楽しみにしています」とHerget博士は、打ち上げの際に記者団に表明しました。

最初の印刷はに行われます 12月1日 LGSのオープンデーイベントで。多くの企業や関心のある人々は、プリンターの動作を見に来ることにすでに関心を示しています。