SPEE3Dが日本へのギフトを印刷PM

2018年12月4日

歴史的な瞬間、安倍晋三は第二次世界大戦中に日本に爆撃されて以来、オーストラリアのダーウィンを訪れた最初の日本人指導者になりました。

11月16日金曜日–日本の安倍晋三首相の妻である安倍昭恵夫人がダーウィン記念合同教会を訪れ、藤田平和の展示を見ました。それはすべての人にとって非常に感動的な時間でした。

2017年にノーザンテリトリー政府がダーウィン空襲の絵の展示を建てた藤田ホールと1958年にまだ港に残っていた8つの残骸を取り除いた藤田会社。展示は「救いから救いへ」と題され、75周年を記念しています。ダーウィン空襲の記念日。

展示は、日本政府の祝福を受けて、藤田隆吾氏が1960年に教会の開所式で77のブロンズクロスをどのように寄付したかを示しています。

それは平和と和解の行為でした。

ブロンズクロスは、ジーランディアの沈没船から採取した非鉄金属から鍛造されました。その経験で安倍さんは涙を流しました。

プライベートプレゼンテーションでは、オーストラリアのスコットモリソン首相が、SPEE3Dによって3Dプリントされた額入りのレプリカブロンズクロスを安倍氏に贈りました。この歴史的な訪問を思い出す記念碑。