SPEE3DがFormnextで世界最速の3Dプリント記録を打ち破る

2019年11月21日

SPEE3Dは、フランクフルトのFormnextのフロアで、群衆の前で10分2秒のライブで1.012kgの銅製ハンマーを印刷しました。 Formnextは、2019年11月19日から22日まで開催される世界有数の積層造形展示会です。

SPEE3Dは、特許技術のおかげで、この業界をリードする印刷速度を達成することができました。 SPEE3Dプリンターは、熱を使用して金属粉末を溶かすのではなく、ロケットノズルが音速の最大3倍の速度で空気を加速する超音速堆積を使用します。注入された粉末は、6軸ロボットアームに取り付けられた基板上に堆積されます。このプロセスでは、粒子の純粋な運動エネルギーにより、粉末が結合して、通常の冶金学的特性を備えた高密度部品が形成されます。これにより、金属部品を既存の印刷方法よりも100〜1000倍速く印刷できます。

「ここで示したのは、実際にはほんの始まりにすぎません。私たちは、このようなショーでライブで実演される最速の印刷物であると信じており、金属、プラスチック、セラミックのいずれであっても、業界の他のプレーヤーに1kgの部品をより速く印刷するように挑戦しています。私たちは業界の発展を見たいと思っており、私たちの技術をさらに速く推進することを楽しみにしています。」 SPEE3Dの共同創設者兼CEOであるバイロンケネディは説明します。

ライブイベントは、SPEE3Dによる世界初の3D印刷生産セルである新製品「SPEE3Dcell」の大規模なデモンストレーションの一部でした。 SPEE3Dcellは、SPEE3Dプリンターと熱処理炉およびコンピューター数値制御(CNC)3軸フライス盤を組み合わせたものです。 Formnextフェアの全期間中、SPEE3Dcellはライブでデモンストレーションされ、わずか6分で、マシンはスパークレス銅ハンマーを印刷して仕上げ、見本市フロアで組み立て、SPEE3Dcellがいかに高速で低コストを実現するかを示します。コストがかかり、従来の鋳造や他の3D印刷技術よりもスケーラブルな生産が可能です。