本文へスキップ
チーム・ヒーロー

専門知識と想像力

先駆的なビジョンから実績ある成功まで、私たちはメタルAMを前進させるために必要なものを持っています。

について

|

パートナー

|

プレスセンター

|

イベント

|

採用情報

2人の創業者。1つの大きなアイデア。

2014年にSPEE3Dを設立したとき、バイロン・ケネディとスティーブン・カミレリは15年以上一緒に仕事をしていた。その間、2人は金属部品の調達が難しいという難題に直面した。サプライチェーンの問題から部品の陳腐化まで、彼らは様々な障害に直面し続け、機器を稼働させ続けるための効率的な方法を見つけるのに苦労していた。

金属AMプロセスを簡素化し、加速するために、彼らはコールドスプレーの真の力を利用し始め、すぐに世界で最も速く、最も手頃な金属AMプロセスを作り出した。研究開発における強力なルーツと、前途に対する大胆なビジョンを持つ2人は、業界全体を形成し、前進させ続けている。

プリンターロード・モンタージュ
バイロン・ケネディ

バイロン・ケネディ

インモーション・テクノロジーズ元CEO、リーガル・ベロイト・アジア・パシフィックR&Dディレクター。工学修士、ヤング・エンジニア・オブ・ザ・イヤー(北部部門)。

スティーブ・カミレリ

スティーブ・カミレリ

元CTOインモーション・テクノロジーズ(NYSE上場のリーガル・ベロイトに移籍)、20年のエンジニアリング設計経験。複数の特許保持者。1997年工学修士、ヤング・オーストラリアン・オブ・ザ・イヤー最終候補。

バイロンとスティーブンはチャールズ・ダーウィン大学のワールド・ソーラーカー・チャレンジ・チームで知り合った。ふたりは1987年から2005年まで「デザート・ローズ号」のレースに一緒に参戦した。2000年、ゼネラル・モーターズやホンダといった業界の巨人たちとのレースで成功を収め、「デザート・ローズ」は平均時速107kmというソーラーカーの世界速度記録を獲得した。

2002年、彼らは「イン・モーション・テクノロジー」(IMT)を設立し、デザート・ローズ用に開発された軸流モーター技術を商品化した。このモーター技術は現在世界中で利用されており、ソーラーカーレースからスピンオフした最も成功した商業製品の1つであることは間違いない。2人は、IMTの売却益をもとにSPEE3Dを設立した。


アダム・ルイス

イリノイ大学でMBAを取得後、1990年にマッキンゼー・アンド・カンパニーにアソシエイトとして入社。1996年にパートナー、2001年にシニアパートナー、2002年にオーストラリア・ニュージーランド担当マネージングパートナーに就任。在職中は、オーストラリア、ニュージーランド、米国、ヨーロッパ、アジアのさまざまな業界のクライアントにサービスを提供した。また、マッキンゼーのグローバル・パートナー評価委員会のメンバーとして、日本、韓国、米国西海岸のパートナーを評価したほか、アジア地域を統括するアジア評議会のメンバーも務めた。

2010年にマッキンゼーを退社してからは、投資家および取締役として活躍している。最終的にオラクル・コーポレーションに売却されたASX200テクノロジー企業であるAconex Pty Ltdの会長を務め、グローバル展開とASX上場において重要な役割を果たした。また、サザンイノベーションとHPSテクノロジーという2つのエンジニアリング・テクノロジー企業の会長でもあり、その他にも多くの事業に携わっている。

アダム・ルイス 2

ケリー・リー・シンクレア

ケリー・リー・シンクレアは、高成長テクノロジー分野で20年以上の経営と投資経験を持つ。過去5年間はファミリー・オフィスでテクノロジー分野の直接個人投資資産の構築に携わり、現在はオーストラリアで最も興味深いスケールアップ企業数社に対し、$1億円以上の投資資本を運用している。

それ以前は、建設、インフラ、エネルギー、資源プロジェクトのためのクラウド・コラボレーション・プラットフォームとして世界で最も広く利用されているAconex社に勤務。Aconexのリーダーシップ・チームの一員として、社内または買収・統合を通じて開発された新興市場戦略をテストする新製品の開発を担当した。アコネックスでの8年間には、アジア・インド担当GMとして5年間、主要な国際資産の開発に携わるなど、いくつかの重要な業務も担当した。Aconex社以前は、Telstra Wholesale社、Intelematics社、Looksmart社、そして2007年にマイクロソフト社に売却された自身の新興企業で、戦略、市場開発、成長の職務を経験。他の3つの新興企業の非常勤取締役、2つの政府委員会の投資委員会/諮問委員会の委員を務めるほか、テクノロジーとライフ・サイエンス分野で高成長を遂げるグローバルな事業拡大を目指す女性主導の企業を支援する非営利団体SBE Australiaの創設メンバー兼理事長を務める。

ケリー・リー・シンクレア 2

ステファン・バイヤー博士

ステファン・バイヤー博士は、金融、営業、テクノロジーにおける長年の経験を融合させ、現在、イノベーションとデジタル製造の分野でシリアルアントレプレナー兼創業者として活躍している。ステファンはC-suiteの信頼できるアドバイザーとして大手テクノロジー企業をサポートしている。また、高成長企業の社外取締役も務めている。

根っからの起業家である彼は、2014年にBigRepの創業者の一人として最後の職務に就き、同社の戦略的発展とグローバルな事業拡大の原動力となった。ステファンの前職には、ベンチャー・キャピタルや新興企業金融事業におけるさまざまな幹部職があり、B2B、ソフトウェア、ディープテック、医療技術セクターからボッシュ、シーメンス、パナソニックなどの企業への合計10件のエグジットやIPOを実現した。十分な訓練を受けたエンジニアであるシュテファンは、ベルリン工科大学でファイナンスの博士号を取得した。

ステファン・バイエル 2

取締役

アダム・ルイス

アダム・ルイス

ケリー・リー・シンクレア

ケリー・リー・シンクレア

ステファン・バイエル

ステファン・バイヤー博士

バイロン・ケネディ・サム

バイロン・ケネディ
SPEE3D CEO

スティーブ・カミレリ

スティーブ・カミレリ
SPEE3D CTO