本文へスキップ

よくある質問

ご質問ですか?以下から、よくある質問をご覧ください。


SPEE3Dの技術、製品、サービスに関するよくある質問をご紹介します。

お探しの答えは見つかりませんでしたか?そうでなければ、お気軽にご連絡ください。 コネクト お近くのSPEE3Dエキスパートとご相談ください。 

SPEE3Dマシンでプリントできる素材は?

SPEE3Dマシンは、以下の材料についてテストされ、認定されています:

  • アルミニウム 6061
  • アルミニウム・ブロンズ
  • ステンレススチール316
  • ニッケル・アルミニウム・ブロンズ - 2024年6月発売予定

新しいPhaserノズルにより、より硬い素材も印刷できるようになった:

  • 銅ニッケル合金(開発中)
  • チタニウム(開発中)
  • 炭化クロム-ニッケル(近日発売予定)
  • 炭化タングステン-ニッケルクロム(近日発売予定)
  • 17-4ステンレス・スチール(近日発売)

以下の資料は寄託されているが、さらに調査が必要である:

  • 410ステンレス鋼(蒸着)
  • 430ステンレス鋼(蒸着)
  • 二相ステンレス鋼(蒸着)
  • アルミニウム5056(蒸着)
  • アルミニウム7075(蒸着)

当社の素材に関する詳細情報は、認定素材の詳細な素材シートとともに、以下をご覧ください。 これ.

マシンのフットプリントは?(どのくらいのスペースが必要ですか?)

XSPEE3D は、標準的な20フィートコンテナと同じ大きさで、補助装置がコンテナ内に含まれているため、操作に必要な周囲のクリアランスは最小です:6メートル×2.4メートル×2.6メートル(20フィート×8フィート×8.5フィート)。

ワープSPEE3D は、壁から最低 1m 離すことを推奨します。マシンの設置面積は、長さ4m×幅4.6m×高さ2.7mです。

LightSPEE3D は、壁から少なくとも 1m のクリアランスを推奨します。マシンの設置面積は、長さ3.1m(10.3ft)、幅1.5m(4.8ft)、高さ2.3m(7.6ft)です。(15フィート)。 

SPEE3Dcell炉、CNC、金型、試験装置がコンテナ内に含まれているため、操作に必要な周囲のクリアランスは最小限です:6.2メートル×2.6メートル×2.6メートル(20フィート×9フィート×9フィート)。

ダウンロード テクニカルスペック ここにある。

SPEE3Dでプリントできる部品のサイズは?

パーツのサイズはモデルによって異なる:

ワープSPEE3D 直径約Ø1m x 0.7m /Ø40" x 30"、重量40kg(88ポンド)までの金属部品が使用可能。

XSPEE3D も同様で、直径約0.9m×0.7m、重さ40kg(88ポンド)までの金属部品を製造する。

LightSPEE3D は当社の最小モデルで、直径Ø350 x 300mm(Ø13インチ x 11インチ)、重量5kg(11ポンド)までの金属部品の製造が可能です。

SPEE3Dは金属粉を供給していますか?

はい、SPEE3Dは卓越した性能と耐久性を提供する高品質のパウダーを提供しています。当社の材料は、当社の技術で部品を作成する際に、お客様に一貫した信頼性の高い結果を保証するために、厳格なテストを受けています。お客様は 連絡先 提供されるパウダーの詳細やご注文については、各地域のSPEE3Dチームメンバーまでお問い合わせください。  

部品は熱処理や機械加工が必要ですか?
どのような後処理が必要ですか?

部品に機械的用途がある場合は、熱処理が必要です。コールドスプレー積層造形法(CSAM)は固体プロセスであるため、部品は完全な密度で印刷され、他のプロセスで見られるような気孔は生じません。しかし、材料の靭性を向上させるために、部品を「印刷したままの」生の状態のままにするのではなく、後処理することをお勧めします。熱処理には通常、加熱炉で2~3時間を要する。フライス加工、表面処理、研磨などの後処理はオプションであり、用途によって異なりますが、通常、部品はエンジニアリング公差を満たすように機械加工する必要があります。SPEE3DはSPEE3Dcellと呼ばれる、20フィートコンテナ内に炉とCNCミルを収納したコンテナ型後加工ソリューションを提供しています。SPEE3Dcellの詳細については、こちらをご覧ください。 ページ

SPEE3Dマシンはレーザーを使用していますか?

他の金属積層造形プロセスとは異なり、コールドスプレー積層造形(CSAM)ではレーザーや電子ビーム、金属の加熱や溶融は必要ありません。 

コールドスプレー積層造形(CSAM)の仕組みは?

SPEE3Dでは、金属粉末を溶かすために熱を使うのではなく、ロケットノズルで空気を音速の3倍まで加速させる超音速蒸着を採用している。噴射された粉末は、6軸ロボットアームに取り付けられた基板上に堆積される。このプロセスでは、粒子の運動エネルギーが粉末同士を結合させ、通常の冶金的特性を備えた高密度部品を形成します。プロセスについてもっと読む これ.

軍事用や展開可能な印刷ソリューションだけを扱っているのですか?

LightSPEE3DとWarpSPEE3Dは現場向けに開発されました。 おすすめは 連絡 お客様の具体的な設備要件や先進製造業のニーズについて、お近くのSPEE3Dチームメンバーとご相談ください。