本文へスキップ
ニュースヒーロー

ニュース

ヘッドラインを追い、ストーリーを読み、旅を楽しむ。


RAPID+TCT2023でLightSPEE3Dで産業・宇宙部品を印刷 + UCIがWarpSPEE3Dを買収

UCIとのパートナーシップ

この度、SPEE3Dは、カリフォルニア大学アーバイン校(UCI)材料科学工学科の研究者チームとパートナーシップを結び、WarpSPEE3Dを手に入れました。

UCIがWarpSPEE3Dを取得

UCI ワープSPEE3D プリンターは、ダニエル・マム教授を研究代表者とする空軍科学研究局(AFOSR)の助成金支援により取得された。このシステムは 先進鋳造研究センター(ACRCSPEE3DはコンソーシアムのメンバーであるDiran Apelian教授とDaniel Mumm教授が主宰する デザイン・製造革新研究所(IDMI)ロレンツォ・ヴァルデヴィット教授がディレクターを務める。WarpSPEE3Dは、UCIにおける付加製造と材料特性評価システムの包括的なスイートを強化し、新興の先端材料システムの製造に精通した将来の労働力を育成する上で重要な役割を果たす。

「SPEE3Dと協力し、コールドスプレーに基づく材料圧密の基礎研究を進め、このユニークな装置の能力を探求できることを嬉しく思います。WarpSPEE3Dは、コールドスプレーによって達成される固体圧密を中心に、材料加工と積層造形に精通した次世代の科学者やエンジニアを教育・育成するという我々の中核的使命において、極めて重要な役割を果たすでしょう。"- ダニエル・マム、カリフォルニア大学アーバイン校教授。

詳細は、次回の RAPID + TCTカンファレンス - 北米最大かつ最も影響力のある積層造形イベント。5月2日から5月4日まで、当社は特許を取得したコールドスプレー積層造形技術を展示し、現地でさまざまな部品を製造します。当社の技術により、重要な部品のオンデマンド生産が数日ではなく、わずか数分、数時間で可能になることを実演します。

当社ブース(ブース番号#3112)にて LightSPEE3D 冷却ブロック、フライホイール、ロケットノズル、V8マニホールドランナーなど。これらのパーツの印刷には10分から37分しかかからず、工業用金属パーツを製造するうえで、私たちの技術が驚くべきスピードと効率性を発揮していることがわかります。

冷却ブロック(断面)プリント重量:2ポンド
印刷時間:10分.
フライホイール印刷重量:6.6ポンド印刷時間: 23分.
ロケットノズルライナープリント重量:7.3ポンド
印刷時間:37分
V8インレットマニホールドランナー (通常はアルミニウム6061で印刷).印刷重量:1.3ポンド印刷時間:32分

で作られた様々な部品も展示する予定だ。 材料 アルミニウム、アルミニウム青銅、銅など、防衛、OEM製造、天然資源を含むさまざまな産業で使用されています。

At our booth, we will also be distributing a research article as part of (pgs. 137-149)  co-authored by Steve Camilleri, Co-Founder and Chief Technology Officer at SPEE3D, along with Andrew Duguid, Sam Katz, and Chris Massar also from SPEE3D, and other experts in the industry, such as; Martin McMahon from MAM Solutions; Victor Champagne from the US Army Research Laboratory; Ozan Özdemir from Northeastern University; Anthony Naccarelli and Timothy Eden from Penn State University; Krishnan Kannoorpatti from Charles Darwin University; and Bruce McLean from the University of Sydney.

タイトルは「優れた金属積層造形とは何か?Exploring the Industry's Value Metrics for Production」と題されたこの記事は、金属積層造形の価値を分析し、産業組織が特定の製造ニーズに適した積層造形プロセスを特定するのに役立つ、重要な基準の枠組みを提案している。

SPEE3D CTOの研究論文がMetal AMの春号に掲載されました。

さらに、アルキン、コメット、ダイバーシテックなど、価値あるパートナー企業がそれぞれの企業や技術を紹介する。

アルキンは特殊ガス用高圧コンプレッサーのメーカーで、SPEE3Dのプリンター専用にカスタムコンプレッサーを開発しました。COMETは、先進製造業における技術革新、教育、人材育成を推進する官民パートナーシップで、SPEE3Dと協力し、コールドスプレー積層造形に関する人材トレーニングを提供している。最後に、カスタマイズ可能な大気汚染防止ソリューションのプロバイダーであるDiversitechは、SPEE3Dと協力し、Diversitechの集塵機を使用して、プリンターから出る空気が有害な汚染物質から清浄であることを保証しています。私たちはこれらのパートナーと緊密に協力し、当社のプリンター用にカスタマイズされたソリューションを開発してきました。

今年のRAPID + TCTカンファレンスで当社のコールドスプレー積層造形技術を実演できることをうれしく思います。私たちの技術は、重要な部品の製造・供給方法を刷新するものであり、金属積層造形の分野で可能なことの限界を押し広げ続けることをお約束します。RAPIDでお会いできることを楽しみにしています!

RAPID+TCTロゴ

プレスリリースの全文はこちらでもご覧いただけます:

お手伝いできること

についてもっと知るには SPEE3Dの今後のイベントについて コールドスプレー そして SPEE3Dの製品 についてもっと知りたい方は 金属積層造形contact@spee3d.com またはお電話にてお気軽にお問い合わせください:

オーストラリア: +61 (03) 8759 1464 | アメリカ: +1 877-908-9369 | ヨーロッパ: + 44 (808) 196-2931 | 英国: 808-196-2931