本文へスキップ
ニュースヒーロー

ニュース

ヘッドラインを追い、ストーリーを読み、旅を楽しむ。


SPEE3D RAPID+TCT 2023にて

RAPID+TCT 2023にご参加いただきありがとうございます! 

大勢の人が私たちのプリンターを見に来てくれたのは嬉しかった、 LightSPEE3Dまた、展示会でライブでパーツをプリントし、最新のコンテナ型遠征用金属3Dプリンターなど、当社の技術の配備可能な能力について学びましょう。 XSPEE3D

当社のブースでは、防衛、天然資源、OEM用途など、さまざまな業界に最適な各種部品を紹介した。

展示された多くのパーツの中には、この印象的なs5000 V8サポートアームも含まれていました。元々はゲイリー・ロジャーのモータースポーツのV8オープン・ホイーラー用にプリントされたもので 2022 メルボルンGP.サポート・アームがどのように印刷されたか、ビデオでご覧ください: 

もうひとつのハイライトは、オーストラリアの大手鉱山会社向けに作成された電気モーター端子箱のケーススタディである。重量6.5kg/14.3ポンドのこの部品の印刷時間は、合わせてわずか2.5時間でした!

この部分のケーススタディービデオをご覧ください: 

RAPIDとTCTの3日間で、冷却ブロック、ロケットノズルライナー、V8インレットマニホールドのランナーなど30以上のパーツを印刷した。 

SPEE3Dのシニア・ビジネス・ディベロップメント・ディレクター、ジェニファー・ハウ。彼女の手には1.9kg/4.2lbのV8インレットマニホールドランナーがある:プリント時間は33分。
SPEE3DアプリケーションエンジニアのMark Bashorが、0.9kg/2ポンドの銅製冷却ブロックの新規プリントを開始。 プリント時間:10分。

ショーでは、私たちの大切なパートナーもブースを訪れてくれた、 アルキン, 彗星そして ダイバーシテックSPEE3Dのプリンター用にカスタマイズされたソリューションを提供する株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ。彼らの技術は私たちの技術と並んで展示されました。 

RAPID also presented a great opportunity to showcase the research article co-authored by our CTO and industry experts, featured in (pgs. 137-149). Entitled “What is Good Metal AM? Exploring the Industry’s Value Metrics for Production,” the article examines metal additive manufacturing’s value and suggests a framework to help organizations determine the most suitable processes for their needs. 

今年、SPEE3D技術を使って、どこでも、オンデマンドで金属を作ることができる方法を学ぶことができました。 

お手伝いできること  

についてもっと知るには SPEE3Dの今後のイベントについて コールドスプレー そして SPEE3Dの製品 についてもっと知りたい方は 金属積層造形contact@spee3d.com またはお電話にてお気軽にお問い合わせください:  

オーストラリア: +61 (03) 8759 1464 | アメリカ: +1 877-908-9369 | ヨーロッパ: + 44 (808) 196-2931 | 英国: 808-196-2931