本文へスキップ
ニュースヒーロー

ニュース

ヘッドラインを追い、ストーリーを読み、旅を楽しむ。


SPEE3Dがミズーリ大学S&Tと提携し、金属AM技術を学生と地域社会に提供

ミズーリ科学技術大学(S&T)の航空写真。写真クレジット ミズーリ(S&T)

WarpSPEE3Dプリンターは、大規模な金属部品を素早くプリントするAM技術へのアクセスを学術機関や企業に提供します。

当社はミズーリ科学技術大学(S&T)と提携し、当社の金属積層造形技術を同校の クマー・インスティテュート・センター にとって 先進製造業.を購入した。 ワープSPEE3D 鋳造品や鍛造品の交換など、研究製造や産業界のサプライチェーンのニーズに対応するためのプリンターである。さらに、学生のための労働力開発訓練にも重点が置かれる。

WarpSPEE3Dは、キャンパス内の航空宇宙製造技術センターに設置され、2025年にオープンする新しいミズーリ・プロトプレックスで展示される予定です。この最新鋭施設は、新素材の研究、新しい製造プロセスの試作とテスト、労働力の能力開発、統合されたサイバー・フィジカル製造システムの実用化に必要な多分野の問題を解決するハブとして機能し、企業と学界の地域製造ニーズを融合する。

 「SPEE3Dは、世界有数の学術機関と提携できることに感謝しており、ミズーリS&Tのような先進的な学術機関がWarpSPEE3Dの印刷能力を学生や地域社会に提供してくれることに感激しています。このパートナーシップにより、当社独自のコールドスプレー技術が紹介され、学術機関や企業は、他の方法では利用できない大規模な部品を迅速に印刷する能力を得ることができます。"

スティーブン・カミレリ、SPEE3D共同創設者兼CTO
Warpspee3d Front View 1920x1440 1
WarpSPEE3D(上)はミズーリ科学技術大学(S&T)に間もなく設置される予定だ

ミズーリS&Tは、当社独自の金属コールドスプレー技術をより深く理解し、業界の緊急ニーズに大規模に対応するため、特にWarpSPEE3Dを選択しました。WarpSPEE3Dは、特許取得済みのSPEE3D技術を使用した世界初の大判金属3Dプリンターで、従来の製造よりも大幅に高速でスケーラブルな生産を可能にします。最大40キログラム(88ポンド)、最大直径1メートル×700ミリメートル(3フィート×2.5フィート)までのパーツを、数時間対数日で造形します。この高速性により、金属3Dプリンティングはプロトタイピングや少量生産に役立つものから、現実の製造ソリューションへと変貌を遂げる。

「製造業の学界は、将来の労働力を育成し、現実のサプライチェーンビジネスニーズに対応するため、積層造形などの新技術を急速に導入しています。SPEE3DのWarpSPEE3Dプリンターの能力を理解することで、鋳造品や鍛造品などの産業ニーズのさまざまなユースケースに対応することができ、リードタイムの短縮を促進し、ここミズーリ州を含む米国内の製造業を促進することができます。"

ブラッドリー・デウザー、ミズーリ大学Kummer Institute Center for Advanced Manufacturing 助教授、製造エンジニア

お手伝いできること

についてもっと知るには  SPEE3Dの製品SPEE3Dの今後のイベントそして コールドスプレーについてもっと知りたい方は 金属積層造形contact@spee3d.com またはお電話にてお気軽にお問い合わせください:

オーストラリア: +61 (03) 8759 1464 | アメリカ: +1 877-908-9369 | ヨーロッパ: + 44 (808) 196-2931 | 英国: 808-196-2931