spee3d-logo-phaser-CMYK-whitestripe

SPEE3Dの革新的な新しいコールドスプレーノズル

Phaserノズルとは何ですか?

以前のSPEE3Dマシンは、銅、アルミニウム、アルミニウム青銅を印刷していました。

画期的なPhaserノズルのリリースにより、ステンレス鋼、チタン、高強度アルミニウム、ニッケルベースのカーバイドなど、さらに硬い材料を印刷できるようになりました。

diagram

使い方

SPEE3Dのコールドスプレーメタル3Dプリンターは、すでに世界最速で最も堅牢で展開可能な添加剤ソリューションであり、完全密度の固体金属部品をわずか数分で製造します。

The Phaser nozzle is a new ultra-high-energy nozzle that has been designed to work with a wider range of hard phase materials. The high particle velocity achieved with the Phaser nozzle means more deformation of the particles during the deposition process, which allows harder, tougher materials to be made.

前任者と同様に、Phaserを使用すると、これらの材料をコールドスプレーするために窒素とヘリウムに依存する必要はありません。

圧縮空気を使用することで、PHASERノズルは、摂氏800度までのはるかに高い温度で、音速の4倍の速さで材料を効果的に堆積させることができます。

必要に応じて窒素を使用することもできますが、必須ではありません。

新しい、より硬い材料

With Phaser, you can now 3D print in a vast range of new materials, including 17-4 stainless steel, 410 stainless steel, 430 stainless steel, duplex stainless steel, titanium, aluminium 5056, aluminium 7075, chromium carbide-nickel, tungsten carbide-nickel chrome' and many more.

これらの材料は、SPEE3Dの標準的な銅、アルミニウム青銅、およびアルミニウム材料に追加されます。

This enables the rapid creation of more parts for industries characterised by severe service conditions, high stress, shock loads, and abrasive environments. Industries such as space, defence, auto racing, mining, and maritime can all benefit from this robust and reliable additive manufacturing process.

SPEE3D Titanium as heat treated

スプレーされたままの商業的に純粋なチタンの微細構造画像

もっと詳しく知る

あなたがより多くを学ぶことに興味があるなら、私たちのフレンドリーなチームがあなたの質問に答えるためにここにいます。